インテリア・家具の選び方① ~デザイナー編~


デザイナー、ブランドはインテリア・家具の中にも多く存在します。それは、洋服・化粧品・時計・アクセサリーと同じように。

しかし、インテリア・家具ブランドの認知度は他のものと比べるとあまり高くなく、多くの方に認識されているデザイナー、ブランドは数少ないのではないでしょうか?

なぜでしょう???

これは、実は日本特有の百貨店文化が関係しています。百貨店はとても便利で、私もよくいきます。化粧品コーナーには多くのブランドコーナーが存在し、婦人服売り場も多くのブランドが取り揃えられいています。

しかし、家具売り場は多くがブランド別ではなく一つの売り場に混在してディスプレイされていることが主流でした。もちろん、洋服や化粧品に比べて インテリア・家具は売り場面積を必要とするため、多くのブランド比較をすることが難しいです。

アメリカのショッピングセンターはインテリア・家具の別館がありそこにブランドごとのテナントが取り揃えられています。

また、ヨーロッパにもインテリア・家具ブランドが集まったショッピングモールもあります。

国土面積が狭く、先日少しお話したように家具の消費・興味があまり高くない日本では中々海外のような展示は難しいのかもしれません。

中々多くの家具・インテリアブランドが集結されていない国内では、新たに家具を購入するとき、どんな風に部屋を作ればいいのか、何から決めればいいのか分からないという声をよく耳にします。

IKEAやニトリで家具をそろえやすいのは、はっきりとイメージが湧くようにその空間が展示されているからです。

イメージを作ることがインテリア・家具の選び方の第一歩です!!

なのでここでは、皆様にお部屋作りに欠かせない、インテリア・家具の選び方が分かるように、わかりやすくまとめてご紹介していきます。


インテリア・家具の選び方

重要なのは、のちに詳しく記述しますがまず1つでもこだわりのアイテムを見つけてください。

ソファ、チェア、照明なんでも構いません。1つでいいので、そのものに惚れた!というアイテムを見つけることが重要です。

1st step: こだわりのアイテムを1つ見つける

その見つけ方として、わかりやすいのが

・デザイナー

・ブランド

の2つでしょう。デザイナーはそのままデザイナーが手掛けた作品のようなアイテムです。ブランドは、いわばそのブランドが持つイメージ、雰囲気を表します。

1つのこだわりアイテムを選ぶ方法として、まずこの2つからお気に入りの1つを探しましょう。

今回はデザイナーを中心に広まっているブランドについてご紹介したいと思います。

 


インテリ・家具の選び方 デザイナー編

 

Le Corbusier ル・コルビュジエ

Pierre Jeanneret ピエール・ジャンヌレ

Charlotte Perriand シャルロット・ペリアン

     

彼、彼女たちの作品をなんとなく一度は目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

フランス人建築家であるLe Corbusier ル・コルビュジエを中心に、従兄弟のPierre Jeanneret ピエール・ジャンヌレ 右腕的存在であるCharlotte Perriand シャルロット・ペリアンは現在でも受け継がれている家具デザインの多くを作り上げてきました。

このような、有名デザイナーのデザインを世に復刻させ素晴らしいインテリア・家具を展開しているのが  です。

その他にも、

Charles Rennie Mackintosh チャールズ・レニー・マッキントッシュ

Gerrit Thomas Rietveld ヘーリット・トーマス・リートフェルト

など多数のデザイナーライセンスを獲得し、多くの作品を獲得し世に送り出しています。

国内では  が総代理店として展開しています。

 

その他にも、

B&B ItaliaCassina同様、多くの家具、インテリアデザイナーのラインセンスを持ち、現代に多くの作品を復興しています。

Carl Hansen&Son :ハンス J. ウェグナー のデザインを中心に広まってきた北欧家具ブランド。日本人建築家安藤忠雄のデザインも取り入れられでおり、北欧家具のデザイナーブランドとしては欠かせないブランドの一つです。

Established & Sons 上記に並ぶ中では非常に新しいブランド。世界有数の建築家やデザイナーとコラボし復興、新作をを生み出している注目のイギリスブランド。

Fritz Hansen Arne Jacobsen アルネ・ヤコブセンやHans J Wegner ハンス・J・ウェグナーのデザインを忠実に再現、復刻している北欧家具ブランド。その中でも、モダンなスタイルが特徴的。

Moooi : Marcel Wanders マルセル・ワンダース Appleやオランダ航空のデザインも手掛け世界的に活躍するオランダのデザイナー多くのブランドにデザインを発表する彼がアートディレクターとして就任している、非常に独創的なブランド。

などなど、デザイナーを中心に復刻、展開してきたインテリア・家具ブランドは多く存在します。

上記にご紹介したのは、ほんの一例ですがインテリア・家具の選び方としてデザイナーから選ぶというのは、一つの重要なポイントです!!

・世に受け継がれている巨匠たちのデザイン

上記にあるデザイナーはほんの一部であり、昔から受け継がれてきたデザイナーの家具・インテリアは多く存在します。

そしてその中でも、優れたデザインは復刻盤として多くのブランドから展開されています。

・現代の新たなデザイナーたち

もちろん、現代にも多くの新たなデザイナーが誕生し、インテリア・家具 ブランドで多くの作品を発表しています。

なので、、、

インテリア・家具の選び方として、例えば新たなソファ、ダイニングチェアなどが必要な時、 ソファ デザイナーやダイニングチェア デザイナーなどで一度検索してみてください。

多くのデザイナーたちの作品が見られるでしょう。

その中から、お好きな一つが見つかれば後は販売店を探すだけ!!

これは、実際私がインテリア・家具の選び方として行う方法です。まずは、中心となるソファ、チェア、テーブルの1つでもいいので最高のデザインでかっこいいものを選びます。この人のこれが素敵!!このブランドのこれが欲しい!!その気持ちが、インテリア・家具 選びの始まりです。

デザイナーが手掛けた商品は少々値が張ることが多いですが、お部屋の中にあるだけでやはり存在感が違います。長く使い続けることで、愛着もわき、部屋の中にいつもいる落ち着く存在になってくれます。

そこから、本格的にお部屋作りがスタートします。

インテリア・家具の選び方として、こだわりの1つを見つけるのは、デザイナー作品からでなくても、ブランドからでも大丈夫です。

この点については、次回のブランド編で、、


EICHHOLTZ(アイホールツ)にはインテリア・家具の選び方のヒントがたくさん隠されています。

EICHHOLTZ(アイホールツ)はオランダに本社を構え、世界105か国以上で展開されているブランドです。

現在、新作のコレクションとして先ほどご紹介したPierre Jeanneret ピエール・ジャンヌレのコレクションが展開されています。

   

スイスの有名建築家、ピエール・ジャンヌレの象徴的なデザイン家具からインスピレーションを得て作られたシリーズで、上質さとシンプルさを兼ね備え洗練されたデザイン。 無垢材で作られたアームチェアは、ジャンヌの有名なヴィンテージデザインの特徴であるV字型の脚が特徴です。 ベンチ、アームチェア、ダイニングチェア、スツールなど様々なアイテムが取り揃えられています。

先ほどから、お話をしてきたインテリア・家具の選び方ですが、このような写真や雰囲気から、まずはこのチェアに惚れた!!という、インスピレーションが大切です。そこから、雰囲気やイメージを膨らませていくことでお部屋作りが完成していきます。

EICHHOLTZ(アイホールツ)ではこの、インスピレーションのお手伝いが出来るよう常に空間を提案していきます。

デザイナーが手掛けたデザインのインテリア・家具はもちろんですが、それだけでお部屋は完成しません。そこから、どんな展開をしていくかが重要なのです。その為、常に1つのアイテムだけでなく、テーブル・照明・花・小物までをセッティングしインテリア・家具の選び方②でお話ししますが、空間を作り上げていく事がEICHHOLTZ(アイホールツ)では簡単に行えます。

インテリア・家具の選び方②ではEICHHOLTZ(アイホールツ)の動画、写真がとてもお役に立てると思います。


インテリア・家具の選び方

1st step:  こだわりのアイテムを1つ見つける ~デザイナー編~

 

 

Written By:Fuyuno